新型コロナウイルス感染者の状況を集計しました(4/25)

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大しています。吹田市でも1日1人程度のペースで増加が続いています。この状況をグラフ化しました。

5/16 最新の情報に基づいて新しいグラフを公開しました。

吹田市の感染者の状況

吹田市の感染者、退院者の人数は下記のとおりです。死亡した方はいません。

感染者累計退院者死亡者
54名23名0名

大阪北部の各市町の感染者の状況

大阪北部の各市町の感染者は、主要な市で50名前後です。吹田市は、大阪府とともに感染者の多い市になっています。ただし、大阪市の感染者に比べると限られています。

人口が多いと感染者も増えるので、人口10万人あたりに換算すると、箕面市、池田市、能勢町が感染率が高い自治体になります。

感染者数人口10万人当たり感染者数

感染者増加の推移

大阪の感染者は大阪市がまず大きく増加し始めました。吹田市は、3月4日に1人目の感染者が確認されて以来、北摂各市よりも速いペースで増加しました。

感染者数の推移

人口10万人あたりに直すと、他市とさほど差はありません。能勢町(一番上のグラフ)や池田市(最新で2番目のグラフ)が人口に対して多くの感染者が確認されているため、大きくなっています。

人口10万人あたりの感染者数の推移

年代ごとの吹田市の感染者

吹田市の年代ごとの感染者は、最も多いのは20代の14名。この人数は、人口に占める20代の割合が低めであるにもかかわらず多いため、20代の感染率が高いという意味になります。

未成年はごくわずか。休校の効果があったかもしれません。

一方、人口に対して50代の感染者が多いのも気になります。

年代ごとの感染者数年代ごとの吹田市の感染者の割合


出典

本ページの情報は、下記の大阪府のサイトで提供されているデータを集計したものです。

この記事へのコメント(掲示板)

  1. 全然、自粛してる感じ無いですもん!!スーパーも駅前広場も公園も人多すぎです。
    もっとステイホームを呼びかけた方がいいと思います。

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。また、事実か意見か不明瞭な投稿は削除させていただくことがあります。
Non-Japanese comments are not accepted.