吹田で起こった殺人未遂の事件、防犯カメラやドラレコに犯人らしき人物が映っています。

吹田市尺谷で新聞配達員の女性が刃物で刺されて重傷を負った事件では、犯人は見つかっておらず、大阪府警捜査1課は、吹田警察署に捜査本部を設置して捜査しています。最初のニュースはこちら

そのような中で、防犯カメラやドライブレコーダーに犯人らしき人物の姿が映っていることが報道されています。

ニュース記事をご紹介します。

大阪殺人未遂 防犯カメラに黒服の男 女性襲い逃走か – 毎日新聞

大阪府吹田市で新聞配達中の女性(40)が刺されて重傷を負った事件で、現場付近の防犯カメラに、黒っぽい服装の男が走って逃げているような様子が映っていることが明らかになった。府警も映像を入手しており、この男が女性を襲ったとみて行方を追っている。

府警によると、女性は18日午前3時半ごろ、バイクを止めて徒歩で配達中、男に右胸などをナイフで刺された。防犯カメラは現場北側の住宅街にあり、男が両手を振りながら大股で北西方向に走り去る姿が映っていた。


新聞配達の女性刺され重傷、ドラレコに犯人とみられる男 – TBS NEWS

18日、大阪府で新聞配達中の女性(40)がナイフで刺され重傷を負った事件で、近くに止まっていた車のドライブレコーダーに犯人とみられる男が映っていたことが分かりました。

警察によりますと、現場からおよそ100メートル離れた場所に止められていた車のドライブレコーダーに、犯人とみられる男が逃走する様子が映っていたということです。男は黒いマスクをした身長160センチくらいのやせ形で、被害者の女性は面識がないと話しているということです。警察はドライブレコーダーの映像を分析するなどして、男の行方を追っています。

この記事へのコメント(掲示板)

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.