吹田・千里山の交番襲撃、事件発生時の目撃情報をまとめました。

吹田市千里山霧が丘の千里山交番で発生した拳銃強奪事件は、阪急千里線の千里山駅のすぐ前で起こりました。通報者は駅員とのこと。

駅員や乗客をはじめ、近くを通りがかった人の目撃情報をまとめました。

千里山交番 拳銃強奪事件ニュース一覧はこちら

交番の周囲を行ったり来たり 防犯カメラの「不審な男」 – 朝日新聞

16日午前4時13分。 白っぽいキャップ帽をかぶり、メガネをかけた30代くらいのその男は、交番の周囲を行ったり来たり。午前5時1分までの間に計8回、カメラに映っていた。

そのカメラから姿を消して27分後、南へ約800メートル離れた関大前駅の改札内の売店前にある公衆電話からこんな110番通報があった。「家に帰ると室内が荒らされている」。千里山交番で勤務中だった3人の警察官のうち、男性巡査部長(44)と男性巡査長(33)が通報のあった現場へ。

その通報から11分後の5時39分、今度は千里山駅の駅員から、「警察官が血を流して倒れている」と110番通報が入った。倒れていたのは、先に出発した2人の後を追おうとした古瀬(こせ)鈴之佑(すずのすけ)巡査(26)。左胸など複数箇所を刺され、周囲には警察官が乗る白いバイクが倒れていた。古瀬巡査は搬送される前に、「男に刃物で刺され、拳銃を奪われた」と状況を説明していたという。

「応援が来るから頑張れ!」「(体を)動かすな!」

付近の住民らは、駆けつけた警察官らが古瀬巡査を懸命に介抱する様子を目撃した。近くを歩いていた男子大学生は、古瀬巡査とみられる警察官が仰向けに倒れ、体をよじって苦しんでいるのを見た。手は真っ赤に染まっていたという。


犯人未だ逃走の警官襲撃事件、犯行前に2度雄叫び – 日刊スポーツ

大阪府吹田市の交番敷地内での拳銃強奪事件で、現場近くに居合わせたサービス業の男性経営者(43)が16日、日刊スポーツの取材に応じ、「うおぉ~、うおぉ~という雄たけびを2度、聞いた」と証言した。

事件発生の午前5時40分ごろ、男性は阪急千里線千里山駅の東改札口にいた。西改札口に隣接する「千里山交番」と反対側の改札口となる。切符を購入しようしていた男性の耳に届いたのは「うおぉ~」という叫び声だった。「初めは酔っぱらいが叫んでいるのかと…」。その数秒後、再び「うおぉ~、うおぉ~」。「すごい雄たけびだった。すぐに異様な事態が起こっていると思った」。つぎの瞬間、西改札口の外から十数人の乗客がホームになだれ込み、口々に駅員に「警察官が…。早く110番」と叫んだという。異様な雰囲気に男性の体はこわばり、しばらくその場に立ちつくした。


交番の警察官刺され意識不明 拳銃奪い犯人逃走 大阪 吹田 – NHK

警察によりますと「空き巣に入られた」という通報は16日午前5時28分、阪急千里線の関大前駅の下りのホームに設置されている公衆電話からかけられたということです。

その10分ほどあとの午前5時39分ごろに、隣の千里山駅前にある交番の巡査が襲われて倒れているのが見つかりました。

阪急電鉄によりますと、関大前駅から電車に乗れば千里山駅までは1~2分で着きますが、この時間帯に関大前駅を出発する電車は通報より前の午前5時21分と事件が起きた後の午前5時42分の2本だけで、定刻で運行されていたということです。

警察官が倒れているのを目撃した22歳の男子大学生は「散歩の途中で交番前を通りかかったら、警察官が倒れていて近くに警察官が乗るバイクが倒れていました。刺された人は出血がひどく、周りにいる警察官の1人が声をかけながら手当てをしていて、もう1人が事件の連絡をしているようでした。駅に来るまでは、人通りなどもふだんの日曜日の朝と変わらなかったので、本当に驚きました」と話していました。

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.