万博公園のアリーナ計画で、大阪府が事業者を選定しました。

大阪府は、万博記念公園中央駐車場周辺で計画している大規模アリーナの建設計画について、事業者の選定を行い、提案内容を公表しました。最大18,000人を収容するアリーナに、ホテル、オフィス、共同住宅を建設する大規模な計画を採用しました。

敷地アリーナ開業は2027年、全体が完成するのは2037年の予定という長期の再開発計画がスタートしようとしています。

万博公園のアリーナ提案イメージ図

アリーナ建設計画は2019年に公表されました。国際的なスポーツ大会に耐えられる規模のアリーナが首都圏にしか存在せず、比較的大規模な大阪城ホールの予約も込み合っており、関西でのイベント開催が難しい状況でした。首都圏のアリーナに匹敵する規模のアリーナを建設し、関西へイベントを誘致する計画です。

今回の計画は、「万博記念公園駅前周辺地区活性化」の事業者公募という形で、事業者から提案を受ける形で行われました。

提案したのは2者。そのうち、三菱商事都市開発、アンシュッツ・エンターテイメント・グループ、関電不動産開発の共同企業体による提案が最優秀提案となりました。事業者に参加しているアンシュッツ(Anschutz Entertainment Group、AEG)は、アメリカの世界的なスポーツ・音楽エンターテイメント企業で、世界各地でイベント会場の所有・運営、ライブイベントの運営を行うとともに、スポーツチームも所有しています。

大阪府が公表した提案内容によると、アリーナの最大収容人数は18,000人、固定席13,400席で西日本最大級とのこと。ただ、固定席の規模は、大阪府が当初目標にしていた横浜アリーナ(固定席15,000席)にはやや劣る規模になります。なお、大阪城ホールは、最大収容人数16,000人、固定席約9,000人。最大席数は驚く差ではないものの、固定席が大幅に増え、世界フィギュアスケート選手権、プロテニス、NBA公式戦など、国際スポーツイベントが開催可能になります。

アリーナ棟のイメージ図

採用理由は、大規模なアリーナが提案されていること、アリーナを中核とした、ポストコロナ時代における新しいまちづくりが提案されていること、景観に対する配慮、スマートシティの実現に向けた取組みや交通計画等も十分に考慮された計画となっていること、段階的な開発とする予定であることなどです。

選定委員会からは従来になかった発想の、創意工夫に富んだ、さらなる革新的なアリーナを実現や、住宅やオフィスの開発について自治体等の意見に配慮する、大阪府や吹田市も提案の実現に向けてサポートすることのコメントがされています。

アリーナの想定来館者数は年間180万人。年間165回のイベント開催を想定しています。パナソニックスタジアム吹田は、Jリーグが年間十数試合程度が開催され、コロナ前に年間40万人程度を動員していることと比較すると、はるかに多くのイベント開催と、多くの動員が計画されています。

アリーナが建設されるのは中央駐車場部分。ホテル阪急エキスポパークの跡地やDILIPA跡地など、中央駐車場の周辺部分には、ホテルや商業施設、オフィス棟などが建設されます。

敷地計画

ホテルは2つが計画されており、自然文化園やエキスポシティのエントランスに近い部分には商業施設と一体となった「カジュアルホテル」の建物が建設されます。もう1つのホテルは、現在の万博記念ビルの部分にフルサービスホテルが予定されています。

商業・カジュアルホテル棟のイメージ図
ホテル棟・オフィス棟のイメージ図

オフィスは4棟。多くはホテル阪急エキスポパークの跡地に建設される計画です。

オフィス棟のイメージ図

イメージ図や敷地計画を見ると、大阪モノレール万博記念公園駅の改札口の高さで広域にデッキが建設され、高低差のある敷地と駅からのアクセスを考慮して計画されています。

建物配置(エキスポシティの観覧車側からみたイメージ)

また、ABCハウジング 千里住宅公園や、外周道路の外側にある千里住宅公園の駐車場2か所には共同住宅が計画されています。共同住宅の敷地は、全体で約47,000平方メートル。1000戸を優に超える規模のマンションも建設可能な規模です。

共同住宅のイメージ図

提案内容によると、来年に環境アセスメントを開始する予定。着工は2023年で、アリーナを含む第I期の開業が2027年秋ごろの予定です。ホテルやオフィスなどは、2032年以降に順次開業。完成は2037年の予定です。

当初は、2025年の大阪・関西万博に間に合わせることを目指していましたが、新型コロナの影響で事業者の選定が遅れたこともあり、万博には間に合わないことになります。

今回の発表は、提案の採用が決定したわけではなく、契約交渉の相手が決まった段階です。正式契約後、環境アセスメントや大規模開発の意見募集などを経て、建設工事に入るため、今回の計画とは変更になる可能性があります。

関連リンク

この記事へのコメント(掲示板)

  1. 門真はちょっと遠いですね。
    南千里にも少し魅力あるお店欲しいですね

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。また、事実か意見か不明瞭な投稿は削除させていただくことがあります。
Non-Japanese comments are not accepted.