大阪府が、万博記念公園駅前でのアリーナ建設の計画を発表しました。

大阪府は先日、万博記念公園駅前の中央駐車場などのエリアに、国際的なスポーツ大会や大規模なコンサートの開催が可能なアリーナを建設する計画を明らかにしました。関西最大のアリーナである大阪城ホールよりも大きなものを整備する構想です。

万博公園で計画されているアリーナのイメージ図(スポーツ使用時)
万博公園で計画されているアリーナのイメージ図(スポーツ使用時)

万博公園でのアリーナ建設構想は、吉村大阪府知事が会見で明らかにしました。2025年の大阪万博までに主要な施設を開業させたいとしています。

現在、バレーボールのワールドカップやフィギュアスケートの世界選手権などの国際的なスポーツ大会に耐えられる規模のアリーナは、国内にさいたまスーパーアリーナ(固定席の収容人数最大27,000人)と横浜アリーナ(15,000人)しかないようです。関西最大の大阪城ホールは、アリーナ部分を含む最大収容人数として16,000人であるものの、固定席としては約9,000人で、首都圏の2つの施設よりも明らかに劣る規模となっています。

規模に限らず、大阪城ホールは予約が取りづらく、大規模なイベントの需要があっても開催できないのが関西の現状とのことです。

万博公園で計画されているアリーナのイメージ図(コンサート使用時)
万博公園で計画されているアリーナのイメージ図(コンサート使用時)

計画されている場所は、万博記念公園駅の南側一帯で、現在は主に下記の施設があります。

先日閉館が発表されたホテル阪急エキスポパークや、これまで特に閉鎖等の話題がなかった千里住宅公園の敷地も含まれています。

アリーナ建設が計画されている場所
アリーナ建設が計画されている場所

このほか、万博外周道路外側のABCハウジング専用駐車場、ファミリーマート万博記念公園店(旧総合案内所)と周辺の広場、エキスポタワー跡地生活誕生館DILIPA跡地などが含まれます。対象エリアに囲まれながら欠けているのは、NTT西日本の施設です。

全体の面積は約16万9,000平方メートル。さいたまスーパーアリーナの敷地面積(約4万5,000平方メートル)の4倍近い面積を対象として、万博公園の再開発計画が新たに動き出します。

計画は、この秋にも、具体的な内容を提案してもらう公募の形で事業者が募集されます。公募条件は検討中ですが、アリーナの規模としては横浜アリーナと同じ固定席15,000人以上の規模にしていきたいのが知事の考えです。また、アリーナだけでなく様々な施設を建設してもらい、全体として採算がとれる形で提案してもらおうということが考えられています。

関連リンク

この記事へのコメント(掲示板)

  1. いろんな施設が増えてワクワクしますが、道路事情が心配です。
    エキスポシティ渋滞で、高速に乗るまでにひどい時には1時間も待つことがあります。吹田JCTの側に住んでますが。
    日によってはそこに、サッカーの試合と重なると帰りも輪をかけて酷いことに。。。

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.