千里ニュータウン

北消防署近くの社宅跡でマンションが建設されます。部屋は小さそうなのでワンルーム?

吹田市北消防署の近くでマンションが計画されています。千里ニュータウンの藤白台1丁目で社宅がマンションに建て変わってきた所。現在は「NTN」という会社の社宅のある場所です。5階建て90戸の建物は、比較的小さな部屋の集合住宅になりそうです。

続きを読む 北消防署近くの社宅跡でマンションが建設されます。部屋は小さそうなのでワンルーム?

吹田は人口が増えています。どの地域が増えているのか調べてみました。

昨年実施された国勢調査の集計結果が発表され始めています。大阪府では「戦後初めて人口減少」というのが大きく報じられていますが、吹田市の人口は、実は増えています。

続きを読む 吹田は人口が増えています。どの地域が増えているのか調べてみました。

阪急山田駅前で計画中のマンションは2018年3月完成予定です。

阪急山田駅前、西側ロータリーのすぐ近くでマンションの建設が計画されていますが、来年4月に着工し、2018年3月に完成予定であることがわかりました。

このマンションは、京阪電気鉄道、京阪電鉄不動産、サンキョウホームが計画しているものです。場所は吹田市津雲台5丁目、武田薬院工業千里山山荘という社宅がありました。敷地面積は約1万2,000平方メートルで、地上14階、地下1階の250戸のマンションが建ちます。

施工は不二建設です。

大阪府吹田市津雲台5丁目18

 

藤白台の府営住宅 第2期建て替えを3グループが提案

大阪府は、千里ニュータウンの大阪府営吹田藤白台住宅(吹田市藤白台3丁目および1丁目)を建て替えるPFI事業「大阪府営吹田藤白台住宅(第2期)民活プロジェクト」を推進していますが、入札に参加する事業者が決まり、このほど大阪府が公表しました。大和ハウス、東レ建設、長谷工コーポレーションがそれぞれ代表の3グループです。 続きを読む 藤白台の府営住宅 第2期建て替えを3グループが提案

千里ニュータウン 続々と建て替わる団地について

吹田市と豊中市にまたがる日本最初のニュータウン「千里ニュータウン」では、団地の建て替えが進んでいます。1962年のまちびらきから50年を超え、建物も築40年を超えるものが多くなり、少子高齢化も進んでいる街を若返らせるべく、2005年頃から建て替えられ始めました。 続きを読む 千里ニュータウン 続々と建て替わる団地について

高野台の千里緑地でヒメボタルが発光中

吹田市高野台と山田西の境界部分にある「千里緑地」で、大阪府の準絶滅危惧種、吹田市の天然記念物に指定されているヒメボタルが発光しています。今年は、例年より1週間早くピークを過ぎてしまったようですが、わずかながらまだ発光しているようです。

2017年の情報はこちら 2016年の情報はこちら

続きを読む 高野台の千里緑地でヒメボタルが発光中

「千里南町メゾネット」が建て替え 千里NT最後のメゾネット建築

住友不動産は、豊中市の千里ニュータウン内にある集合住宅「千里南町メゾネット」を建て替える計画を進めているようです。

千里南町メゾネットは、大阪万博翌年の1971年(昭和46年)に建設されたメゾネット型の共同住宅です。大阪府住宅供給公社が2棟構成で計104戸を分譲しました。名前の通りメゾネット構造で、各戸が2フロアで構成されています。 続きを読む 「千里南町メゾネット」が建て替え 千里NT最後のメゾネット建築