5月13日、岸辺駅近くで火が出てJR京都線が運転を見合わせました。

5月13日17時10分ごろ、JR岸辺駅近くの線路わきで火災が発生し、JR京都線は、およそ1時間にわたって運転を見合わせました。

火災があったのは、JR京都線の吹田駅と岸辺駅の間で、まもなく岸辺駅という場所。JR京都線と貨物の線路に囲まれた場所で、通常は人が立ち入る場所ではありません。

18時20分頃に火は消し止められて、運転を再開しましたが、JR京都線は終日にわたって遅れが発生しました。また、おおさか東線にも影響しました。

JR京都線では、前日に吹田駅で人身事故があり、当日朝はJR神戸線の遅れの影響があり、また、南清和園町で火災があった後なので、立て続けのトラブルでした。

関連リンク

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。また、事実か意見か不明瞭な投稿は削除させていただくことがあります。
Non-Japanese comments are not accepted.