阪急バスがダイヤ改正。南吹田駅・健都に関係する路線の変更があるほか、関大路線が廃止されます。

阪急バスは、4月27日(土)からのダイヤ改正とJR吹田と関西大学を結ぶ路線の廃止を発表しました。ダイヤ改正は、JRおおさか東線南吹田駅の開業に伴うものと、産業道路と健都を結ぶ新しい道路が完成したことによるものです。

詳細は次の通りです。

吹田線(吹田~江坂~豊中)

JR・阪急の吹田から江坂を通り、阪急宝塚線方面を結んでいる路線は、南吹田駅への乗り入れに合わせて、下記の通り変更されます。

発着が豊中から阪急曽根に変更

吹田市役所前(阪急吹田)、江坂を通り豊中(阪急豊中)までを結んでいた路線が「阪急曽根」を発着するルートに変更(短縮)されます。

JR南吹田駅への乗り入れを開始

吹田警察前、水道部前を通る路線が、新設する「吹田簡易裁判所」「南清和園」「JR南吹田」を通るルートに変更されます。吹田警察前、水道部前のバス停は廃止されます。

なお、「JR南吹田」を発着するバスの本数は、平日日中で、阪急曽根行き、JR吹田行きそれぞれ2時間に1本です。

豊津周辺のバス停名が変更

豊津は「阪急豊津」、市立図書館前は「吹田市立中央図書館」に名称変更されます。

運行回数・系統の見直し

終日にわたり運行回数が見直され、運行経路も変更されます。4月27日からの路線図は下記の通りです(阪急バスのお知らせより)。

吹田市内線(桃山台~JR岸辺~JR吹田)

桃山台駅前から亥子谷を経てJR岸辺、JR吹田を結ぶ路線は、産業道路と健都を結ぶ新しい道路「岸辺中千里丘線」が完成したことに伴い、次の通り変更されます。

JR岸辺北口発着の路線がルート変更、バス停新設

JR岸辺北口を発着する路線が新しい道路を通るルートに変更されます。新しいルートには「岸部中五丁目」「岸部東」のバス停が新設されます。新設のバス停には、平日日中、桃山台方面およびJR岸辺北口方面それぞれ1時間あたり1~2本のバスが停車します。

このルートを通るバスは、七尾および岸部小路には止まらなくなり、上記の本数分、停車するバスが減少します。

ルート変更後の路線図は下記のとおりです(阪急バスの案内より)。

JR岸辺南口経由の路線が吹田営業所発着に変更

桃山台駅前、亥子谷からJR岸辺南口を経由してJR吹田、吹田市役所前(阪急吹田)を結ぶ路線は、吹田営業所前を発着するように区間を延長します。(1つ目の路線図のピンク色)

JR南吹田経由の路線への変更に伴い、吹田営業所と吹田駅方面を結ぶ路線がなくなるためと思われます。

その他の路線変更、発車時刻の変更

土休日ダイヤで五月が丘南7:09始発のJR吹田北口行きが、亥子谷6:41始発のJR吹田北口行きに変更され、五月が丘南、五月が丘西の始発時刻が変わります。

また、その他に時刻変更が予定されています。

産業道路沿いのバス停名称の変更

産業道路沿いにある市場は「千里丘七丁目」、吹田北口は「片山町三丁目」に名称変更されます。

JR吹田北口~関西大学線

2008年から運行されているJR吹田北口と関西大学を結ぶ路線は、5月31日を最終運行日として廃止されます。1時間当たり2~3本が運行されていますが、当初から利用者が少なかったようです。

関連リンク

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.