循環器病研究センターの跡地、青山台側の駐車場でマンション計画が動き出しました。

国立循環器病研究センター(吹田市藤白台)は、2019年7月に健都(吹田市岸部新町)に移転します。その跡地は、アーク不動産が取得・開発することになっています。

そのうち、病院等の建物がある場所ではなく、道路を渡った青山台側の駐車場の開発計画が明らかになりました。149戸の共同住宅、マンションになるものと思います。

計画地周辺の地図

計画されている場所は、千里ニュータウン内の吹田市青山台3丁目。北千里から箕面市今宮へ抜ける道の左手です。元々は阪急千里線の延伸予定地だったという歴史もありますが、国立循環器病センターの宿舎(?)があり、最近10年ほどは駐車場になっていました。

公表された計画によると、地上8階建ての共同住宅149戸が建設されます。マンションが建設されるものと思います。

最寄りの阪急北千里駅までは徒歩20分以上かかる点はマンション向けとはいいがたい立地ですが、計画地は東西に細長く、南側は千里緑地で開発されない緑が広がっているため、環境は抜群かもしれません。

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.