「東洋一」吹田の操車場、物流の心臓 開業から100年:日本経済新聞


今年は新橋―横浜間で貨物列車の運行が始まって150年、「東洋一」といわれた吹田操車場が開業して100年、同操車場の跡地がJR貨物の吹田貨物ターミナル駅(大阪府吹田市、摂津市)に生まれ変わって10年の節目に当たる。環境問題やトラック運転手の不足から鉄道による貨物輸送の重要性が一層高まるなか、いまも東海道、山陽の主要幹線を結ぶ物流の一大拠点の役割を果たしている。

掲載元ページ表示


本記事はウェブから収集した話題を紹介するものです。情報の信ぴょう性や考え方は、情報源の内容によるものです。また、スイタウェブとして続報の情報提供を行わない場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

名前は公開されます。メールアドレスは公開されません。日本語を含まないコメントは投稿できません。また、事実か意見か不明瞭な投稿は削除させていただくことがあります。

関連するページ

吹田のニュース&トピックス