余命半年「最後の授業」竹見台中元校長で前教育長の延地さん

この記事は2008年に配信した古いものです。特記なき場合、記載の内容は当時のものです。

余命半年告げられた元校長、いのちを語る「最後の授業」 – 朝日新聞
がんで余命半年と告げられた大阪府吹田市の前教育長、延地(のべち)和子さん(62)が7日、2年余り前まで校長を務めていた市立竹見台中学校で、卒業を控えた3年生36人に「最後の授業」をした。病気のこと。仕事のこと。24歳で先立った一人娘のこと。自分の人生を教材に生きることの貴さを説き、「人生はしんどいことがいっぱいだけど、しっかりと生きてほしい」と語りかけた。