エキスポシティの観覧車は7月1日オープンに決まりました。

エキスポシティの観覧車「REDHORSE OSAKA WHEEL」(レッドホース・オオサカホイール)は現在建設中ですが、開業日が7月1日(金)となることが発表されました。

REDHORSE OSAKA WHEEL 完成予想図
REDHORSE OSAKA WHEEL 完成予想図

OSAKA WHEELは高さ123メートルの日本一高い観覧車で、世界でも5番目の高さになります。当初は今春オープン予定とされていましたが、7月1日と夏のオープンになりました。

OSAKA WHEELは、すべてのゴンドラの床面がシースルーとなっています。シースルーのゴンドラは最近では多くなりましたが、すべてのゴンドラがシースルーというのは珍しいと思います。1つのゴンドラは6人乗りです。

また、全72基のうち、2基は座席シートや照明を豪華にした「VIPゴンドラ」となっています。VIPゴンドラは4人乗りです。

OSAKA WHEELのゴンドライメージ。すべてのゴンドラの床面がシースルー。
OSAKA WHEELのゴンドライメージ。すべてのゴンドラの床面がシースルー。
OSAKA WHEEL VIPゴンドラ
座席シートや照明が豪華な2期限定の「VIPゴンドラ」

OSAKA WHEELは1周18分。営業時間は10時から23時の予定です。料金はまだ発表されていません。

今回の開業日は、フェリスウィールインベストメント株式会社から発表されました。フェリスウィールは、ハウステンボスの観覧車建設のための資金調達と運営を行っている会社で、OSAKA WHEELも同様に、資金調達を担当し、開業後は運営を担う予定です。1月にオープンした「Orbi Osaka」にも関わっています。

また、観覧車の名前に付く「REDHORSE」は、海外旅行土産の通信販売などを行っているレッドホースコーポレーションに由来します。観覧車の横ですでにオープンしているカフェ「MARUMIE PLAZA」は、レッドホースが新しく始めた業態のお店です。

観覧車の完成する7月まで、まだ少し待たされてしまいますが、いよいよエキスポシティの工事が完了します。

OSAKA WHEEL 4月3日の建設状況
OSAKA WHEEL 4月3日の建設状況

関連リンク