病院の通訳サービス 市民病院、済生会吹田病院で 国際交流協会

この記事は2006年に配信した古いものです。特記なき場合、記載の内容は当時のものです。

通訳サービス:吹田の2病院で 28日から市交流協、診察の外国人対象に – 毎日新聞
 吹田市国際交流協会は、市内の2病院で診療を受ける外国人を対象に、5カ国語に対応する通訳サービスを28日に始める。市内に住む外国人にアンケートを実施したところ、「言葉の壁などで通院をためらうことがある」との意見が寄せられたため。派遣できる通訳は現在、20~50代の女性13人。英語、中国語、スペイン語、タイ語、モンゴル語に対応でき、500円の自己負担でサービスを受けられる。