万博「太陽の塔」見学 3月でいったん終了

この記事は2007年に配信した古いものです。特記なき場合、記載の内容は当時のものです。

~これが最後のチャンス~太陽の塔特別内覧と万博ミュージアム – 名鉄観光
 今回は「太陽の塔特別内覧」と人気の「万博ミュージアム」がセットになりました。万博ミュージアムとは知る人ぞ知る、白井達郎氏監修の大阪万博のこだわりに溢れたミュージアム。ツアー参加者だけの特別会場(鉄鋼館)でなつかしの万博グッズを前に興奮がおさまりせん。
 今回は、ここでしか手に入らないフィナーレ企画限定『見学記念グッズ』付。

太陽の塔 往時の内部見納め 3月末で公開休止 – 産経新聞
 昭和45年に大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会のシンボル「太陽の塔」を管理する日本万国博覧会記念機構は、平成15年から行ってきた内部公開を3月末で休止することを決めた。22年の万博開催40周年に合わせて修復などを行うためで、万博機構と契約して内部見学のツアーを行っている旅行会社には、休止を知った人から「往時の面影をしのぶ最後のチャンス」とばかりに問い合わせが殺到している。