太陽の塔

「太陽の塔」内部公開に向けて、大林組が改修工事を落札しました。

大阪府は、万博公園の「太陽の塔」の耐震改修工事の入札を行っていましたが、大林組が落札したと発表しました。予算に合わず一度は見送られた工事がいよいよ動き出します。

続きを読む 「太陽の塔」内部公開に向けて、大林組が改修工事を落札しました。

太陽の塔の改修工事入札が再び。内部公開に向けて実施されます。

大阪府は、万博公園の「太陽の棟」の内部に入れるようにする改修工事の入札を実施します。昨年、工事の入札が行われましたが、予算にあった入札がなく、工事が実施できず、公開時期も延期されていました。

太陽の塔
太陽の塔

続きを読む 太陽の塔の改修工事入札が再び。内部公開に向けて実施されます。

「太陽の塔」の内部公開の計画が1年延期されました。

大阪府は、万博公園の「太陽の塔」の耐震補強工事を行い、内部を常時公開する計画を進めています。構想が明らかになったころは、来年年3月の予定でしたが、1年延期したスケジュールでの公開を目指すことになりました。耐震補強工事の入札が予定していた金額に合わなかったことが理由です。

これまでの記事

続きを読む 「太陽の塔」の内部公開の計画が1年延期されました。

太陽の塔の耐震工事 予算に合わず延期へ

以前、スイタウェブでも、太陽の塔の耐震補強工事を実施し、2017年に内部を公開できるようにするとお伝えしましたが、延期になりそうです。大阪府の入札が行われましたが、予定価格以下で入札した業者がなく、落札者が決まりませんでした。 続きを読む 太陽の塔の耐震工事 予算に合わず延期へ

太陽の塔の内部公開に向けて 万博公園担当者の仕事が紹介されています

万博公園にある「太陽の塔」の内部が、公開に向けて準備が進められていますが、担当する大阪府 日本万国博覧会記念公園事務所の課長の仕事が紹介されいます。

太陽の塔の内部

続きを読む 太陽の塔の内部公開に向けて 万博公園担当者の仕事が紹介されています

太陽の塔の内部公開に向けて耐震工事 大阪府が入札公告

大阪府は、万博公園(吹田市千里万博公園)にある「太陽の塔」の内部を公開するため、太陽の塔の耐震補強と展示室を設ける工事の入札を公告しました。工事は2017年2月の完成を予定し、完了次第、塔の内部も公開されます。 続きを読む 太陽の塔の内部公開に向けて耐震工事 大阪府が入札公告

太陽の塔について ~万博・大阪・吹田のシンボル~

「太陽の塔」は、1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)のテーマ「人類の進歩と調和」を紹介する政府出展のパビリオン「テーマ館」の一部としてつくられました。(実は、万博のシンボルとして、ではありません。)作者は岡本太郎氏(1911年-1996年)、「芸術は爆発だ」の名言を残した芸術家です。高さは65メートル(地上部分)、基底部分の直径は20メートル、腕の長さは25メートルあります。 続きを読む 太陽の塔について ~万博・大阪・吹田のシンボル~

太陽の塔を世界遺産に 大阪府審議会が万博公園の将来像まとめ

太陽の塔 世界遺産登録目指す 大阪府審議会が答申案まとめ – 読売新聞
万博記念公園(大阪府吹田市)の将来像を検討してきた大阪府の審議会は30日、芸術家・岡本太郎(1911~96年)作の「太陽の塔」を中心に再整備する活性化策を松井一郎知事に答申した。府は、2017年3月をめどに現在、非公開の塔内部を修復し、一般公開するほか、岡本の失われた作品「地底の太陽」を復元する方針。答申では、同公園を芸術文化の発信拠点として、現在約180万人の年間入園者を20年度に300万人に増やすことを目標とした。