吹田で新型コロナの寄付の受付が始まります。

吹田市議会では、5月18日に、新型コロナウイルスなどの対策のための基金を設けるための条例を可決しました。これに伴い、吹田市は6月1日からコロナ対策への寄付の受付を始めます。

大阪では、大阪府が「新型コロナウイルス助け合い基金」を設け、寄付を募っています。医療従事者にクオカードを配布することが話題になりました。周辺では豊中市や茨木市がすでに受付を始めています。

吹田市では、市議からの提案により5月18日に開催された基金の条例の改正が可決。準備が進められてきました。

 

基金の名前は「すいたAID(エイド)」。“aid”は援助するなどの意味です。マラソンの補給所「エイドステーション」のエイドです。

基金の使い道は、市民生活、事業活動、医療・福祉、教育など、新型コロナウイルスで影響を受けた方や、感染症対策に幅広く活用される予定です。6月1日から受付が始まります。

追記6/1 吹田市が詳細を公開しました。

関連リンク

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。また、事実か意見か不明瞭な投稿は削除させていただくことがあります。
Non-Japanese comments are not accepted.