岡本太郎の巨大壁画の展示場所 吹田市が名乗り

この記事は2006年に配信した古いものです。特記なき場合、記載の内容は当時のものです。

岡本太郎の巨大壁画「明日の神話」誘致 吹田市が名乗り – 朝日新聞
 美術家・岡本太郎(1911~96)の代表作「太陽の塔」がある大阪府吹田市は31日、岡本が原爆炸裂(さくれつ)の瞬間を題材に制作した巨大壁画「明日の神話」を誘致することを明らかにした。壁画は被爆地の広島、長崎両市などで誘致の動きがあるが、永続的な保管、展示場所は未定で、自治体が正式に手を挙げるのは初めて。