岡本太郎「明日の神話」 渋谷に決定 吹田での設置ならず

この記事は2008年に配信した古いものです。特記なき場合、記載の内容は当時のものです。

岡本太郎の壁画「明日の神話」、渋谷に設置・原爆さく裂の瞬間描く – 日経新聞
岡本太郎記念現代芸術振興財団(東京・港)は18日、岡本太郎が原爆さく裂の瞬間を描いた壁画の大作「明日の神話」を東京都渋谷区に恒久的に設置することを決定した。設置されるのは、JR渋谷駅と京王井の頭線渋谷駅をつなぐ2階通路の壁面で、岡本の生誕100周年である2011年までに実現させたいという。

<岡本太郎>「明日の神話」東京・渋谷に設置決定 – 毎日新聞
岡本太郎が原爆さく裂の瞬間を描いた巨大壁画「明日(あす)の神話」の設置場所が18日、東京都渋谷区に決まった。壁画を所有する岡本太郎記念現代芸術振興財団が発表した。設置場所をめぐっては同区と大阪府吹田市、広島市の3自治体が誘致合戦を展開していたが「設置する壁面が既に確保されており、さまざまな要件をバランス良く満たしている」と渋谷区が評価された。