下水道工事現場で生き埋め 作業員1人死亡

作業員生き埋め、1人死亡=大阪 – 時事通信
作業員2人が生き埋めになった吹田市の下水道工事現場。1人は自力で脱出し、もう1人は約30分後に救出されたが、間もなく死亡。深さ5メートルの穴の中で作業中、突然土砂が崩れて生き埋めになった

吹田の下水道工事現場で土砂崩れ、1人死亡 – 朝日新聞
14日午後2時ごろ、大阪府吹田市豊津町の下水道工事現場で、地下に埋設された配管の基礎部分や土砂が崩れ落ち、近くにいた建設会社「乾開発工業」(大阪府茨木市)の従業員石橋栄次さん(37)=同府高槻市登町=が生き埋めになった。約40分後に救出されたが、間もなく死亡が確認された。吹田署が崩落の原因を調べている。