エキスポランドのジェットコースターで事故 1人死亡

この記事は2007年に配信した古いものです。特記なき場合、記載の内容は当時のものです。

NHKの報道によると5日午後1時前、大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」にあるジェットコースターで事故が発生し、1人が死亡し、21人が負傷した。

事故があったのは立ち乗りジェットコースター「風神雷神 II」。1編成6両(各4人乗り)で定員は24人。事故当時はほぼ満員だったようだ。2両目が左側に傾いて、鉄柵に激突、女性1人が死亡した。詳しい事故の状況は調査中だが、各社の報道などから、コースターが降下中、車輪が破損し、2両目が脱線。シートが横倒しになり、車両がレール脇の鉄柵と接触したようだ。

エキスポランドでは現在、全ての遊具の運行を取りやめ臨時休園とし、入園客には外に出てもらっているという。

吹田署が事故の状況を調べるとともに、関係者から事情を聴いて原因の特定を進めている。

(スイタウェブ ニュース)

関連記事
遊園地コースターで死亡事故 – NHK
大阪府警察本部に入った連絡によりますと、5日午後1時前、大阪・吹田市にある遊園地「万博エキスポランド」のジェットコースターで事故があり、4人乗りのシートに乗っていた3人のうち男性1人が死亡し、大勢のけが人が出ているということです。現在、警察が詳しい状況を調べるとともに、消防が救護活動にあたっています。
エキスポランドのニュース検索 – Yahoo!ニュース

風神雷神II(ふうじんらいじんつー)
エキスポランドの開業20周年(1992年)の大規模リニューアルの際に新設されたスタンディング(立ち乗り)コースター。全長1050メートル、最高時速75キロ。国際花と緑の博覧会(大阪花博)で設置されていた「風神雷神」がモデルとなっている。(移設ではない)

エキスポランド
大阪府吹田市にある万博記念公園内の遊園地。1970年の日本万国博覧会(大阪万博)の一部として作られ、閉幕後、1972年3月15日に営業を再開した。風神雷神IIのほか、インバーテッドコースター(吊り下げ型)の「オロチ」や万博当時からの「ダイダラザウルス」など、ジェットコースターの数が多いことで知られる。運営は(株)エキスポランドが担い、独立行政法人が運営する自然文化園、日本庭園とは独立している。

関連リンク
エキスポランド – 公式サイト。5日14時現在つながらない。
エキスポランド – スイタウェブ 万博情報の紹介ページ
風神雷神2 – 絶叫REVIEW

この記事へのコメント(掲示板)

  1. こわいです~~。・・・きよつけます!!

  2. これからもがんばってください~~

コメント投稿の受付は終了しました。