無人のバスが線路に侵入 阪急千里線

無人バス動き踏切内へ、照明柱ぐらり 阪急千里線 – 朝日新聞
 2日午後8時10分ごろ、大阪府吹田市円山町の阪急千里線の踏切近くで、停車中の無人の大型バスが動き出し、金網を倒して線路敷地内の照明柱に接触。照明柱が傾いたため踏切の障害物検知装置が作動し、同線は淡路―北千里間で1時間余り運休するなど約6万1千人に影響した。