新型インフル 関西大倉で感染確認 茨木・豊中・吹田の公立学校が休校

【新型インフル】5月の欠席者は143人 9人感染の大阪の私立校 – MSN産経ニュース
生徒9人の新型インフルエンザの感染が確認された大阪府茨木市の私立高校、関西大倉高校は17日、今月1~16日にインフルエンザや発熱で欠席した生徒が併設の中学を含め計143人だったことを明らかにした。会見した校長は「責任を痛感している」と述べた。同校は、今月23日までの学校閉鎖を決めた。

大阪9人感染濃厚 茨木の高校、100人症状 – 産経関西
9人が感染濃厚となった大阪府では16日、茨木市の私立高校に通う女子生徒(16)が発熱などの症状を訴え、新型インフルエンザの詳細(PCR)検査で陽性反応が確認された。その後、同じ高校の生徒らを検査したところ、8人が感染濃厚であることがわかった。このうち1人は男子生徒の妹という。高校生8人の検体はすでに、国立感染症研究所に送られており、17日にも感染の結果が出る。9人はすでに入院して治療を受けている。…女子生徒の一人が在住する豊中市は、17日から23日までの7日間、市立の幼稚園、保育所、小、中学校合わせて85カ所を休園、休校すると発表した。同期間の市主催行事も中止する。吹田市も同様に休校を決めた。