新スタジアムの特徴を日刊スポーツが記事に

万博公園で建設中の新スタジアムについて、日刊スポーツが記事にしています。募金が無事集まり、なんとか完成に向かっているスタジアムというのは皆さんご存じの通りですが、日本初、日本一の特徴がいくつもあるようです。

G大阪新スタジアムはド迫力日本一近いピッチと客席 – 日刊スポーツ

来季から使用するG大阪の新スタジアムが今秋、大阪・吹田市の万博記念公園に完成する。観客席最前列からタッチラインまで約7メートルで、国際Aマッチ開催が可能な約4万人収容のサッカー専用スタジアムでは日本で一番客席と近い。日本で初めて募金によって建設中の会場は、かつてない臨場感があふれることになる。明日11日に開幕のJ1第2ステージを前に、昨季3冠で今季は年間王者を目指すG大阪の新本拠地の秘密に迫った。(中略)

メーンスタンド最前列からタッチラインまでわずか約7メートルしかない。FIFA(国際サッカー連盟)の規定では8・5メートルが目安とされているが、直接掛け合って許可を得た。ゴール裏もゴールラインまで約10メートルという距離だ。(中略)

海外の知識を生かし、建設費も低く抑えた。一般的にスタジアム建設費は1席50万円で計画されると言われ、4万人規模での140億円は、平均より約3割のコスト減となっている。本間さんは「欧州のように目に見えるところにお金をかけ、裏側はシンプルに作った」。関係者の部屋などできるだけ簡素な作りにした。新国立競技場は整備費が約2520億円まで膨らみ、議論となっているが、大阪らしく「安くていい物」を実現させた。(後略)